ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(346)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(45)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














2017年 08月 31日
近況的な

毎日書こう書こうと思いながら、いざ書こうとすると苦しくなる。
ゆるゆると締め上げられるように苦しくなる。
一月初めに言われたことばの呪いにかかっているよう。

何も書けなくなってきたのは、もしかしたら認知症の初期症状ではないかとも思えて、怖ろしくもなってくる。
まとまったブログは書けなくてもtwitterでつぶやけてるうちは単にいつもの取り掛かれない性分かとも思っていたけれど、twitterのほんの数行分のことばもなかなかまとめられず、単語が出て来ず、ことばがねじれて、つぶやくのも難しくなってきて、RTばかりになってきて、ああ、これはいよいよウツなんじゃないかとも思えてきた。
いろんなことの気力が失われて、いろんなことが停滞して、読めなくなって、見られなくなって、書けなくなって。
この先のことを考えると苦しいばかりで、日記なんて書き残しても虚しいばかりじゃないかとも思えて。


二か月近く書いてないことが気になって、8月中にせめて何かひとつは書いておこうと思いながら、これ。



いや、何年も引き延ばしてきた水栓修理にも来てもらえたし、同じく何年も引き延ばしてたエアコン買い替えもできたし、ついでに何年も壊れたままだったインターホンも付け替えてもらえたし、何年も「この夏こそ」と思いつつ動けなかった羽毛布団のリフォームもぎりぎり8月半ばを過ぎてから頼めたし、こうやって書き出してみると、去年までよりずっと調子よくなっているようにも見えるんだけれど、自分としては、むしろ切羽詰まってるような。


計算してみたら、クリニックに通ってたの、もう10年以上前だ。
今行ったら何か変わるかな。



   
にほんブログ村 その他生活ブログへ

[PR]
# by karino-tohko | 2017-08-31 21:19 | 日記
2017年 07月 08日
50年前のサマーニット

五月の同じ日。


この週もシーツ類を洗った。
奇跡。えらい。
(以前は年に3回くらいしか洗濯しなかったのに)
f0000211_20144879.jpg


二度目の洗濯物を干していたら、隣家の人がまた庭先のレタスを摘んでくれた!
ありがとうございます。
f0000211_20145364.jpg



ここ数年、古い衣類を少しずつ整理している。
この日、手放すためにタンスの引き出しから取り出しのは、10着。
f0000211_20145894.jpg
下から3枚目のプリントシャツは、くすんだ色合いとレトロな柄とふっくらしんなりした生地が気に入って、二十代の頃によくタンクトップの上に羽織っていたもの。
このシャツの補修用布も出てきて、「そう言えば残してたっけ。考えてみればこういうシャツにこんなのが付いてるの珍しいなあ」と端布に付いていたタグを見たら、フランスのファブリック会社とデザイン提携している生地だそうな。
こういう柄はもう似合わないだろうし処分しよう、と取り出したけれど、あらためて見ると、やっぱり好きな色合い。
生地もまったく傷んでなくてきれいなままだし、やっぱり残そうか…いや…うーん…。



f0000211_20150451.jpg
この地域で古布回収された衣類は、ほとんどは裁断してリサイクルに回されるらしいけれど、一部は古着として生かされるそうで、まだきれいな状態の服にきれいなボタンが付いていると、(何に使うあてもないけれど捨ててしまうのはしのびないので)「ボタン取って残しておこうかな」「いや、服のまま生かしてもらえるかも知れないなら、服につけたままにしておいた方がいいのかな」と毎回迷う。
この赤いバッテン付きのくるみボタンとレースのカーディガンの半透明のまるいボタンも、迷って迷って、結局そのまま回収袋に入れた。



山の右側の一枚は、母が十代か二十代の頃に着ていたらしい、昭和30年代の半袖のサマーニット。
母が30年ほど前に処分しようとしたのを、シャリシャリした独特の手触りと小さな襟とカサカサした小さな小さな艶消しボタンが気に入って、「着ないけれど残しておきたい」ともらったもの。
まだきれいな状態だし、昭和レトロなものを扱ってるお店で引き取ってもらえたらなあ。
f0000211_20150903.jpg




今も好きだけれど年齢的に(あるいは体形的に)着なくなった古い服、なかなか処分が進まない。


  
にほんブログ村 片付け・収納ブログへ

[PR]
# by karino-tohko | 2017-07-08 20:33
2017年 07月 01日
五月の裏庭

(もう順不同で目に付いた写真をUP)


知らないうちに、裏庭にあやめ群生地ができていた。

f0000211_19090055.jpg
いや、裏庭に菖蒲っぽい葉が生い茂っていたことは知っていたし、十年以上前に、この脇の横庭に数本咲いているのを見たことはあったけれど、こんなふうに広い範囲で咲いているのを見たのは去年が初めて。
気付いた時にはもう花が終わりかけていたので、来年も咲くなら、とリマインダーセットしておいて、今年の五月に撮ることができた。
(撮るのが遅くて日陰になってしまった)





この日、四年目の四季成りレモンにたくさん花がついているのに気付いた。

f0000211_19090910.jpg
毎年ナミアゲハの幼虫に丸坊主にされて新芽も食べられてしまうせいか、いつまで経っても苗木サイズで、「一年目は実が成らないことがあります」と書かれていたのに、一年目どころか何年経っても実を付ける気配のない木。
買ったの何年前だっけ、と過去記事を検索したら、去年、「アゲハの幼虫がついたらとるのはしのびないから、産卵されないように先に苗にネットをかけておこう」と書いてたのが出てきた。
ああ、そうだ、忘れてた。

このあと見てないけれど、今年もそろそろ丸坊主になっている頃かも知れない。
来年こそ、と思ったけれど、網をかけて蝶や蜂が来ないと結実もしないかも。
網を掛けるタイミング、難しそう。
f0000211_19090962.jpg



この日、鮮やかなアロエの花も咲いていた。

   
にほんブログ村 その他生活ブログへ

[PR]
# by karino-tohko | 2017-07-01 19:16
2017年 06月 28日
あじさい
f0000211_21425492.jpg

Rが撮ったあじさい。



黄緑がかった白い花が好き。
庭にこんな色のあじさいが欲しい。






   にほんブログ村


美しいあじさい&6月のイメージショット!


[PR]
# by karino-tohko | 2017-06-28 21:58
2017年 06月 24日
今しか履けない雨靴を買った

去年の台風シーズンの大雨の日、雨靴代わりに古いガーデンシューズで出勤したら、会社に着いた頃には履き口が靴下にねちねち張り付いて、本体部分も裂けて中に水が浸みてきた。

劣化してだめになったガーデンシューズは、これ。
元はコロンとした形だったのに、久しぶりに取り出して数分履いたらぐにゃりと変形してきた。
f0000211_22442881.jpg
まだ元気に庭で活躍していた頃 (2009年)
 ↓
ぐにゃり。
f0000211_22444163.jpg
f0000211_22444503.jpg
買ったのは元気な頃の写真の数年前だから、10年ほど前か。
もう充分活躍してくれた。
ありがとう。


ガーデンシューズをしまっていた箱も処分しようと下駄箱から取り出したときに、その上に載っていたこのつっかけも取り出した。
f0000211_22460644.jpg
生協のチラシで見かけて砂色×オレンジ色のステッチの色合いが気に入って、近所履きか事務所履きにと買った安いサンダル(ミュール)。
まだほとんど履いてないうちに写真のようにインソールとかかとが分解してしまい、しっかり着く接着剤を買ってこようと思いながら、早数年。
その間に履きやすい事務所履きも買ったし、直してもまた履いてるうちに他の部分が分解してきたら困るし、もういいか、と処分を決めた。
写真に残して、ばいばい。



で、履いてきたガーデンシューズが崩壊した日、デスクの下で靴下を乾かしながら
「また次の台風も近付いて来てるらしいし、いい加減レインシューズを買おうか」
「やっぱりサイドゴアのショートブーツみたいなのが無難か…」
とネットを見ていたら、スニーカータイプの完全防水レインシューズを見つけた。
パラディウム パンパパドルライト WP 73085(楽天ショップにリンク)
f0000211_22463424.jpg
真っ白、きれい!
ハイカットスニーカー、懐かしい!

この形で雨靴なのは、ツボ。
ひも靴だけど、ひも掛け部分も内側に水が入らないように防水になっているらしい。


グレーもかっこいい。
パラディウム パンパパドルライト 73085-072 WP WP MNRLGRY/WT/WDTHRS グレー レディース(楽天ショップ)
f0000211_22465435.jpg


きれいだなあ、と写真に見とれていたら、パラディウムを履いているという人たちから「コンバースよりかわいいです」「パラディウムかわいいですよね。私これの黒使ってますが軽くて重宝してます! 脱いだり履いたりがちょっとめんどくさいですけども」との声が。
もしかしたら写真うつりがいいだけで現物はイマイチかも…と迷っていたけれど、現物もかわいいとは!
そっか、レースアップシューズって履き脱ぎの面倒さがあったっけ。
でも、冠水するような大雨なら口から水が入るブーツタイプはかえって危ないっていうし、この方が安全で歩きやすくていいかも。
軽いってのもいいなあ。これにしようかなあ…。



迷っていたところで、日清紡系の日清トーアが出している「レインダンス」という雨靴がすごくいいらしい、と声をかけてもらった。
検索してびっくり!
f0000211_22481713.jpg
予想外の形!
雨靴なのに、ニット!

履き脱ぎしにくそうだけれど、足にフィットして歩きやすそう。
最初に出てきた上の写真には「何??」と驚いたけれど、検索して出てきた着用写真を見ると、結構かわいい。
見た目のかわいさ(というか意外さ? 好き度?)も値段も、パラディウムとちょうど同じくらい。


しばらく迷った結果、こっちの「レインダンス」の方を注文した。
ハイカットスニーカータイプのは数年後でも定番で買えそうだけれど、これを買って履ける機会は、流通的にも年齢的にも今しかないかなと思って。




次の台風が迫ってきていたので、その場ですぐに注文。
届いた!

f0000211_22484268.jpg
生で見てもヘン!

うん、ヘンだけどかわいい!
f0000211_22485033.jpg
靴下に靴下を重ねて履くようなものだから、どこかに腰かけて両手を使わないと履き脱ぎしにくいのは承知の上。


生地アップ。f0000211_22484716.jpg表面は綿っぽく見えるけれど、ニットの裏側は水をはじくような繊維になっている。


気持ちいい!
f0000211_22485472.jpg


ただ、肌をそっと撫でられたりするのが苦手な人は、要注意。
試し履きしたり歩いたりしている間はよかったけれど、これを履いたままじっと座っていると、微妙にじんわり締め付けられる感覚に「うぎゃー!」となって、最初は5分と履いていられなかった。
(慣れたら慣れた)



このブログを書こうとして「レインダンス買ったの梅雨だっけ? それとも秋の台風シーズンだっけ?」と自分の過去ツイートを検索かけたら、2015年の「メモ。リーガルのBEAUFIT(ビューフィット)のレインシューズ」というツイートが出てきた。
ああそうだ、前に近所の店頭で見かけたリーガルの雨用ブーツが気になって、「いつか雨靴買うならこれかな」とメモしたんだった。
まあ、あれなら20年後でも履けそうだし、また次の次くらいに。



梅雨空の下、愛用中。
f0000211_22485972.jpg
やっぱり先にこっちを買ってよかった。
一度はこの雨靴を履く日々を過ごしておきたかったし、還暦過ぎてからだとこの履き脱ぎは大変そう。



好きな雨靴と好きな傘で過ごす梅雨、うれしい。

  
にほんブログ村 その他生活ブログへ



■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


シックなモノトーン。
 ↓
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

RAIN DANCE 3690005レインダンス 防水ニットシューズ スニーカー
価格:9990円(税込、送料無料) (2017/6/23時点)



数年後、レインダンスが傷んで次に買い替えるときは、これ。






メンズサイズはこちら。
 ↓



[PR]
# by karino-tohko | 2017-06-24 23:03 | モノ 家 雑貨 蒐集
2017年 06月 20日
新しい病院メモ(ほんとにメモだけ)

今月初め、近くにできた新しい病院に行った。
f0000211_21143373.jpg
待合室、誰もいない。



昨日の写真の階段は、その帰り道。
f0000211_21143364.jpg



f0000211_21143318.jpg
うさぎの傘(過去記事)、今年は日傘を満喫してる。




この日の夜にRが撮ったストロベリームーン。

f0000211_21143891.jpg

肉眼で見ると普通の小さなお月様だったけれど、望遠で撮ったらこんなふうだった。(最近のRは望遠レンズを日々持ち歩いてる)




ケガや病気や通院の記録はブログを頼りにすることが多いので、メモしておく。

  
にほんブログ村 その他生活ブログへ

[PR]
# by karino-tohko | 2017-06-20 21:20 | 日記
2017年 06月 19日
アニメ絵になった階段

深夜、お風呂で眺めていたtwitterに写真をアニメ風に加工するアプリのツイートが流れてきたので、「前に流行ったやつだ。きれいだなあ。私もやってみよう」とお湯に浸かりながらiPhone内の写真で試してみた。

f0000211_21204836.jpg


f0000211_21215082.jpg


f0000211_21215134.jpg


f0000211_21215062.jpg


細かな調整などはなくて、ただ「加工スタート」を押すだけ。
かなり好きな色調になって楽しい。
おかげでお風呂でのぼせそうになった。


このアプリ、なんで去年流れてきた時に試さなかったんだっけ、と検索してみて思い出した。
加工に使われる雲の画像の著作権云々や個人情報が抜かれる等で騒がれてたんだった。
そのあとアップルストアから消えたとか言われてたように思うんだけど、もう大丈夫なのかな。
インストールしちゃったよ。
(著作権に関しては、問題になるコンテンツは省かれたらしい)



   
にほんブログ村 その他生活ブログへ

[PR]
# by karino-tohko | 2017-06-19 21:33
2017年 06月 15日
4割減らしたパジャマ
四月に、気に入っていた六部袖のパジャマ(にしていたワンピース)の背中が破れた。
f0000211_20490354.jpg
f0000211_20494721.jpg
十数年着てきたリネン製で、生成り生地×衿と袖口の白の配色が気に入っていた。
年末にも、気に入っていた、20年物近いシャンブレー生地の六分袖のパジャマが着替え時に裂けたばかり。


がっかりしていたら、続けてRのパジャマも背中が擦り切れてきた。
このRのパジャマも、おそらく20年物近い。
ドビー織り風のプリントの色合いが好きだったので、傷んでない袖部分でブックカバーか巾着でも作ろうかとも思ったけれど、そう思って残してある生地が他にもたくさんあるし取り掛かるまでに早くても数年かかりそうなので、やめた。
f0000211_20524325.jpg
f0000211_20532996.jpg
残念だけれど、写真に残して古布回収袋へ。



20年前後愛用してきたお気に入りのパジャマを続けて処分した勢いで、パジャマの引き出しの中を整理した。
f0000211_20540261.jpg
私のパジャマだけで一段満杯だった引き出し。

f0000211_20542775.jpg
ぽってり起毛した冬のネル地や、ざっくりした夏のリネン。
着心地よさそうなパジャマを見ると、その生地に包まれたくてついつい買ってしまってた。


f0000211_20550021.jpg
この左奥の一角は、30年以上前に買って20年くらい愛用していた、白地にグレーやナチュラルカラーのパイピングが入ったロングシャツタイプのものばかり。
今も大好きなデザインだけれど、長年の愛用で生地が薄くなってきたのかそれとも若かった頃は気にしてなかっただけか、一枚では透けることに気付いて着づらくなって、ここ10年程は眠ったまま。
(宅配便に起こされてパジャマのまま受け取りに出ることも多いので)


それら、着なくなったけれど色や形が大好きでなかなか手放せなかったパジャマと、あまり好きでないのでほとんど着なくていつまでも傷まず処分できなかったパジャマ、計7着を処分した。
f0000211_20563973.jpg
合わせて10枚のパジャマとお別れ。
どれも20年から30数年前のもの。
ありがとう。
さようなら。


これで、30年以上着ているパジャマは、これが最後の一枚になった。
f0000211_20560148.jpg
ゆったりした幅広のロングシャツタイプ。
f0000211_20575164.jpg
白無地のパジャマばかり着ていた33年前に唯一買った柄物。
白無地のものは傷んでも替えがあるけれどこれはないからと、傷まないようにたまにしか着なかったけれど、持ってるだけじゃもったいない。
今ならリネンの縞のチュニックやワンピースも簡単に手に入るし、どんどん着よう。


うん、リネンのシャツ、簡単に手に入るようになった。
これは、愛用のパジャマ二枚が立て続けに破れたこのタイミングで安くなっていたので、パジャマにと買ったフレンチリネン100%のチュニック、3000円也。
でも考えてみれば、パジャマよりも、この時期の部屋着がない。
(下が七分丈のレギンスしかないのに上がおしり丸見えの短いシャツしかないので庭に出辛い)
部屋着にすべきか…。
f0000211_20581729.jpg
f0000211_20585044.jpg
遠目にはシャンブレーに見えるけれど、私には珍しくストライプ柄。
(あ、上の33年物もストライプだし、数年前に買ったのもストライプだ。
私の引き出しの中ではパジャマにだけ存在するストライプ)



残ったパジャマ9枚+着ないけれど残してあるパジャマ1枚(結婚して最初の誕生日くらいにRがプレゼントしてくれたBETTYちゃん柄のロンパース型パジャマ)+新調した(部屋着にするかも知れない)1枚。
f0000211_20592045.jpg
f0000211_20594989.jpg
好きなもの、もう少し絞ろう。



この日の遅い昼食は、午後6時半のバームクーヘン。
f0000211_21001589.jpg
ごちそうさま。



    
にほんブログ村 片付け・収納ブログへ

[PR]
# by karino-tohko | 2017-06-15 21:09 | モノ 家 雑貨 蒐集
2017年 06月 14日
お風呂で寝落ちログ
4月13日 午前6時。
寝てた。追い焚き中。さむい。
f0000211_19221079.jpg


4月23日 午前5時半。
ぐっすり眠ってしまった…。
f0000211_19255753.jpg


5月8日 午前5時。
学習能力プリーズ…(たけのこご飯で三時間寝落ちてた)
f0000211_19262022.jpg


5月12日 午前5時半。
やっちまった。
f0000211_19264502.jpg


5月19日 午前5時半。
おはよう、世界… (呆然)
f0000211_19270919.jpg



夜、お風呂から出て暑がるRに「しばらく窓全開にしておいたらいいよ。私寝るときに閉めるから」と言っておいたから、そして私がベッドにたどり着くのが朝になってしまったから、R、冷え切ったまぶしい部屋で寝てるよ…ごめん…。
f0000211_19305348.jpg

うん、Rの写真を載せたかっただけ。



お風呂で眠ってしまうのは失神の場合が多く、顔がお湯に浸かっても目覚めず溺れる危険あり、注意。
はい。
  ↓
「お風呂で寝てはいけない|カリノトウコ」


いい香りがしてると思ったら、女子力高いRが薔薇のアロマ入浴剤買ってきて入れてた。

   
にほんブログ村 その他生活ブログへ

[PR]
# by karino-tohko | 2017-06-14 19:32 | R
2017年 06月 12日
シーツから作るリネンのワンピース
ついでに翌3月20日分。(連休だった)


朝10時半。
洗濯した。シーツも洗った。布団干した。
庭先で地面に張り付くようにたんぽぽ咲いてた。
f0000211_22070817.jpg


11時半。
開きが大きいカットソーの胸元の丸見え感を隠すために買ったのにどの服よりも開きが深くて役に立たなかったタンクトップの肩を詰めて、使えるようにした。
(送料無料で1000円だったので文句は言えない→花柄レース付きタンクトップ/楽天)
f0000211_22070893.jpg
f0000211_22070810.jpg
取り掛かるのに半年かかった。
(色味が変わったけれど中のタンクトップは同じもの。杢グレー)

全体はこういう形。肩回りだけレースになってる。f0000211_22071041.jpg
両肩3cmくらい詰めた。



13時。
お隣さんから庭で採ったばかりの小松菜と小蕪をもらった!
f0000211_22071004.jpg


美味しそうな葉っぱを見て、起きてから何も食べていないことを思い出したので、遅い朝ごはん。
トーストに桃のジャム「ももれーど」(ちょいイマイチだった)を塗って。
f0000211_22071081.jpg


13時半。
!!
Rが出しっ放しにしていたのを使った桃ジャムを冷蔵庫にしまおうと開けたら、昨晩買ったまま忘れてた、滅多に買わない高級デリ店の高級サラダが!!
f0000211_22070920.jpg
美味しそうなのが半額近くになっていたから思い切って買ったのにー。
おなかが優しいRが食べておなか痛くなってはいけないからひとりで食べる…。


15時。
トーストの炭水化物にやられてた。(=寝落ちてた)
危険感じた時点でコーヒーがぶ飲みしてタイマーとスヌーズアラームの両方をセットしておいたから、最悪の事態はまぬがれた。


17時半。
朝の洗濯物を取り入れて空いたところへ、洗濯かごの底にあった、去年の春に使ったミルクココア色の綿ストールと秋に着たシナモン色の綿ニットを手洗いして干した。
一年ぶりに洗濯かごを空っぽにできた。
f0000211_22070997.jpg


19時。
朝交換して洗って乾かしたこの破れたリネンシーツの無事な部分で、前々から気になっていたこのナイトシャツが作れるんじゃないかと気付いたんだけど。
f0000211_22070983.jpg
f0000211_22115112.jpg
(写真はwebショップより。 fog linen work リア ノースリーブ ナイトシャツ/楽天)

袖付けも何もないから、ただ、切って二枚縫い合わせて好きな色に染めれば出来そうなんだけど。
問題は、30年近く触ってないミシンが使えるかどうか…。


首周りの開きの型にするプルオーバーと身幅の型にするプルオーバー、決めた。
f0000211_22071645.jpg


そろそろ夕食の時間だし後は来週にしようかとも思ったけれど、一旦中断すると永遠にそのままになってしまいそうなので、続けて取り掛かった。 f0000211_22071687.jpg
40数年前の洋裁チョーク、健在。
(小学生の頃の家庭科授業で買った裁縫箱のセット)


シーツを二つ折りにしてまち針で固定してその上に型にするプルオーバーを置いて、そのまま縁をチャコでなぞって、
f0000211_22071703.jpg

切った!(すごく適当に)
f0000211_22153159.jpg

もうこれ、縫ったらできるんじゃ…?
f0000211_22071761.jpg



縫ってる。
f0000211_22071617.jpg
ちなみに裁縫は、十代の頃に四角い袋(持ち手さえないただの袋)を縫ったことがあるくらいで、服の形をした物を縫うのはたぶん初めて。
(学校の家庭科のパジャマは母親に縫ってもらった)


ミシンを出してきて糸をセットするのが面倒で手縫いにしたものの「脇下とか長いし時間かかりそう」と思っていたけれど、ぐしぐし縫うだけなら脇下80cmも5分ほどで縫えた。
あっと言う間にワンピースの形に。
あとは襟ぐりと袖口の処理(が時間かかりそう)をして、裾のスリット部分の処理をすれば完成。
もしかしたら、今晩中にできるんじゃ…?



夕食後、丈を確認するのに一度試着して肩の位置を修正して(元々のシーツの縁処理をそのまま裾の始末に使うことにしたので裾が基準)、再度試着して首周りの開き具合確認していたら、「もうこれ、このまま今晩着て寝れるよね?」って、もう出来上がったような気になった。
まだ首周りとかが切りっぱなしのままだけど。


ちょうどこのタイミングで流れてきたツイート。

ほんとうに。
しなければいけないことからの逃避で手を付けたようなシーツからのナイトシャツ作りだけれど、どんより渦巻いていた気持ちがずいぶん晴々としてきた。



…けど、この夜はお風呂に入って寝なきゃいけない時間になってしまい、このあとそのまま3か月近く中断。
(出来上がりが見えた途端に手が止まって中途半端でやめがちな人)
この日のツイートを転載して思い出したこの機会に仕上げてしまおう。


  
にほんブログ村 その他生活ブログへ


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


肩を詰めたタンクトップはこれ。
安くて送料無料な分、物によってサイズがバラバラだったりレースがほつれてたりするよう。
(レビューを見ると大きかったと書いている人が多いようだったので迷いつつMサイズにした)
「春夏」って書いてあるけれど真夏にはちょい暑苦しい生地かも。



シーツワンピースパジャマ、目指したのは、これ。




[PR]
# by karino-tohko | 2017-06-12 22:25 | 日記
2017年 06月 10日
茄子色のリネン
リネンといえば、このリネンのキッチンクロスが好き過ぎて、手にするたびにテンション上がる。
f0000211_16570479.jpg



写真を引っ張り出してきたついでに、これを撮った日のツイートを転載しておく。


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


3月19日10時。
ベッドから出た。


13時半。
朝のうちに起きたのに動き出せないと思ったら靴下はいてなくてヒーターから離れられなくて、靴下はいても動き出せないと思ったらすごくお腹すいてて。
でもご飯もパスタもないから、ずっと前に買ってひとつ飲んで「失敗!」って残してて先月期限が切れてたブルーベリーとオリーブのヴィシソワーズを飲んだ。
f0000211_16570545.jpg
(生協のちらしで見かけて気になって買ったけれど、ほぼ、ブルーベリーミックスジュース。見た目もこんなのじゃなかったし、期待したヴィシソワーズの裏ごしザラとろ感がなかった。ちょい残念!)


15時。
力尽きかけてる…。待って。今日まだ宅配便受け取って着替えて靴下はいてスープとプリン食べることしかしてない…。
f0000211_16570551.jpg
(体を預けたクッションから見上げる昨晩の洗い物が残るテーブル)


このあいだ棚の中でドリップコーヒーを見つけたのを思い出して起き上がって淹れた。
飲んだらうごく。
f0000211_16593329.jpg
このリネンのキッチンクロスが好き過ぎて手にするたびにテンション上がる。
好きの気持ちを原動力に動く。


16時。
朝受け取った宅配便を開封した。
届いたのは、ボロボロに破れてきて洗い替えが一枚だけになっていたリネンシーツを無印で新調したもの。
今なら無印週間で会員は1割引! ←いや、37%OFF!
今まさに無印週間なうえに、今、麻平織フラットシーツ自体が期間限定で3割引(!)になっていて、MUJI会員はその割引価格からさらに1割引。
しかも、店舗まで行かなくてもネット上でその価格で買えて家に届く。(店頭での引き取りも可)
(無印良品 麻シーツ→寝具>麻シーツ|無印良品ネットストア。フラットシーツとボックスシーツ、各サイズ オフ白、生成、ネイビー、ライトブルーの4色あり)
f0000211_16570523.jpg
シーツ、ベッドにいる時間はRの半分くらいしかないのに、寝返りもほとんど打たないのに、なぜかいつも私の側だけが擦り切れたように薄くなって破れてく。
体から何か出てるのか。


18時。
台所の床掃除した。(したかったのはそこじゃない)
f0000211_16570548.jpg

結局この日やったのは、宅配便の受け取りと台所の床掃除の二件。
いろいろなかなか進まない。



   
にほんブログ村 その他生活ブログへ


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


お気に入りのメランザーナ(茄子)色。
汚れが目立たないので(汚れてもわかりにくいので)食器や手拭き用ではなく、鍋つかみ・鍋の底拭きや器を包むのに使ってる。



私がリネンのシーツを使い始めた頃は簡単に買える範囲ではMUJIのが一番手頃だったけれど(それでも高かったけれど)、今見ると、ずいぶん安くからあってびっくり。
ただ、やや厚みがあってざっくり&ぷるん感のある(上のキッチンクロスと似た感触の)MUJIのとは違って、シャリっとした薄手の生地のようだけれど。
夏にはいいかな。(汗が下の敷パッドまで抜けてしまうかな)




[PR]
# by karino-tohko | 2017-06-10 17:12 | モノ 家 雑貨 蒐集
2017年 06月 07日
草色のカーディガン
先月の初め、しっかりした綿長袖+綿パーカーの時期からいきなり半袖の暑さになって、「今年はこのまま夏が4ヶ月続くのか」「薄手の七分袖のシャツや麻のカーディガンはタンスから出さずじまいになるのか…」と思っていたけれど、ひとときの夏日が治まって、七分袖やカーディガンを着ることができた。
f0000211_22474598.jpg
ロビンエッグ色のリネンのチュニックと、草色の綿混のリネンのカーディガン。


f0000211_22475004.jpg
お気に入りのボタニカル柄のリネンのプルオーバーと、同カーディガン。



約十年物のこの草色の七分袖カーディガンは、色と手触りに惹かれて買ったものの、当時着ていたタイトで丈の短いカットソーにはバランスが悪くて、しかも買ってすぐにくたっとなってしまったので、長らく部屋着にしていたもの。
それが、ゆるっとした丈のあるリネンを着るようになった今になって、大活躍してくれている。
f0000211_22475469.jpg
(四年前の半病人の日の部屋着。西日の部屋でからし色に写っているけれど、草色)



暑い日や寒い日に混じって気持ちいい日が数日あったと思ったら、今日、もう梅雨入りしたとのニュースが。
梅雨が明けたら夏が来る。
夏までに、色褪せた日傘を染めてリネンのパンツを染めてエアコンを買い替えて夏日に熱で開かなくなる玄関ドアを修理したかったかったけれど、去年も一昨年もそれが目標だったけれど (探したら日記にも書いていた→「5月の日記を書いてるうちに」)、今年こそできるだろうか。
(思っているだけじゃできない。やらないと)



これもリネンのカーディガン。3、4年前に買ったスラブ糸の杢ブルー。
お気に入り。
  
にほんブログ村 その他生活ブログへ



[PR]
# by karino-tohko | 2017-06-07 22:59 | 日記
2017年 05月 19日
おととい

会社を出てRと散歩したあと、通りかかった店で27回目の結婚記念日の食事をした。
f0000211_22112196.jpg
(いつもよりちょっとこぎれいな恰好)



平日のラストオーダー間際の時刻だったので、ゆったりした店内には先客はひと組だけ。
後半は貸し切り状態になった。
Rは白ワイン、私はお酒が飲めないのでノンアルコールモヒートを作ってもらって、乾杯。
f0000211_22114488.jpg

(なぜかジャー入り)

散歩中にiPhoneのバッテリーをほぼ使い果たしてしまい、モバイルバッテリーも車に残してきたので、以下、Rの小さなカメラを借用。


f0000211_22114483.jpg
(配置的・持ってこられたタイミング的・器の形的に「もしや、フィンガーボウル…?」と30分悩んだ飲み水)



何を食べたいか自分でよくわからなかったので、メニューの最初にあった簡単なコース料理を注文した。
リストにあったのはインボルティーニとかカサレッチェとかカッサータとか知らない名前の料理ばかりだったけれど、出てきたらどれも知っている味だった。
(メニューの料理名の下に小さく解説入れてー)

f0000211_22114349.jpg
茄子のインボルティーニ。「巻物」の意味らしい。
なすでハムを巻いてチーズやトマトソースをかけてオーブンで焼いたふう。
とろとろになった茄子が美味。

f0000211_22114427.jpg
レモンソースのカサレッチェ。
「カサレッチェ」はショートパスタの名前らしい。

f0000211_22114325.jpg
真鯛のソテー。これはわかる。

f0000211_22114306.jpg
エスプレッソと一緒に出てきたカッサータ。
「カサ」が付くので家庭料理か自家製の何かかと思ったけれど、このカッサはCASAではなくCASSAで、「家」とは関係ないらしい。


隣のテーブルに誕生日プレートが運ばれてきたのでダメ元で訊いてみたら、私たちも記念プレートを作ってもらえた!f0000211_22114339.jpg
きれい!
さらに、プレートを間にしたふたりの記念写真も撮ってくれて、帰りに、その写真の入った二つ折りのフォトスタンドふうのカードをプレゼントしてくれた!
ありがとうございます!

久しぶりによその人に撮ってもらった自分の姿を見て「こんなおばさんなのかー」と、それが自分だという実感がわかないまま、帰って寝室のチェストの上へ。
あっという間の27年だったけれど、ふたりの姿にはしっかり27年の歳月が刻まれている。



穏やかに過ごせる28年目でありますように。
f0000211_22114287.jpg




   
にほんブログ村 その他生活ブログへ


[PR]
# by karino-tohko | 2017-05-19 22:40 | 日記
2017年 05月 17日
日没時に
27回目の結婚記念日だったので、定時過ぎにふたりで事務所を出て、知らない景色のところに行ってきた。

f0000211_19583500.jpg

誰もない広い場所って、震えるほど気持ちいい。





   
にほんブログ村 その他生活ブログへ


[PR]
# by karino-tohko | 2017-05-17 23:55 | 日記
2017年 05月 16日
夜更けに
f0000211_12453373.jpg


27回目の結婚記念日前夜だったので、仕事のあと、ふたりで地球の果てのようなところに行ってきた。






[PR]
# by karino-tohko | 2017-05-16 23:55 | 日記
2017年 05月 16日
古いセルロイドの靴べら
長年Rが愛用してきたレトロなセルロイドの長い靴べらが割れてしまった。
おそらく、昭和初期くらいのもの。
お気に入りだったのに、ちゃんと写ってる写真を撮っていなかった。


PCの中を探したら、一部が写っている写真を発見。
f0000211_20461838.jpgf0000211_20462382.jpg
トルソーの向こう側に少しのぞいてるパールっぽい色が靴べらで、セロームの鉢の足元あたりに引っ掛けてあるのがその首の部分。



f0000211_20464372.jpgないと不便らしいので、新しいのを買おうと「シンプルなのないかな…」と探していたら、こんな靴べらが。

shoe-horn|nendo
これ、家の中でもやたらつまづいて転ぶADHDの人は買っちゃいけないやつだ…。
(刺さらない仕様になってる…?)




割れちゃった、と聞いてパッカリふたつに折れたのかと思っていたら、帰って見ると、まだ一見無事な姿で下駄箱にかかっていた。
f0000211_20463105.jpg

よく見ると、力のかかるかかと部分に大きな亀裂が入っている。
f0000211_20463015.jpg

割れ目をかませれば元の姿に戻る。
f0000211_20463016.jpg
「テープで止めて使う?」いや、いいよ。新しいの買って来よう。

しかし、真っ二つならいくら好きでも捨てるしかないと思ってたけれど、これじゃ捨て辛い。
セルロイド専用接着剤があると教えてもらったけれど、力のかかる部分だから、接着してもまた割れそう。
このままそっと下駄箱の隅に掛けておこうか。
長い靴べらを切って携帯用と2つに分けたことがあるという人がいたので、うまく削れそうだったら挑戦してみるかも。



ネットで検索したら無印良品のが白くてシンプルらしかったので、日曜日にお店に走って買ってきた。

が。
f0000211_20463154.jpg
…。
ネットで見て白い下駄箱に白いMUJIなら大丈夫かと思ったけれど、店頭で見た時点で、「真っ白じゃない…」
「あたまのカーブがやたらゴツいし全体のアールもきつい…」「白系なのにシンプルじゃない…」
それでもすぐに必要だから買って帰ってきたけれど、やっぱり違和感。
無色透明で形ももう少しなだらかですっきりしてそうなKEYUKAの方がよかったかな。
まあ、折れるまでは使おう。
よろしく。



 
にほんブログ村 雑貨ブログへ



■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


KEYUKAの靴べら、MUJIのよりはすっきりしてそうだけれど、これも現物はイメージと違うかも。





[PR]
# by karino-tohko | 2017-05-16 21:00 | モノ 家 雑貨 蒐集
2017年 05月 15日
ばらの おだんご
「薔薇の花のお団子買ってきたよ」と、R。
確かに薔薇色だけれど、薔薇風味、まったくないよ。
その「ばら団子」って、「バラ売り団子」の意味だったのでは…?

f0000211_21380786.jpg



  
にほんブログ村 その他生活ブログへ
[PR]
# by karino-tohko | 2017-05-15 21:53 | R
2017年 05月 13日
ロビンエッグブルーの器
日曜日のお昼。
台所に入ると好きな色がグラデーションになっていたので、手元のスマホで思わず撮った。
前の夜遅くにふらふらになりながら洗い物をした時には気付かなかった。
f0000211_20400013.jpg
この緑がかった水色(ロビンズエッグブルーと言うと伝わりやすいらしい)の器三つを同時に洗ったのは、初めてかも知れない。
30年前に買ったプレートと、25年前に買った器と、数年前に手に入れたボウルと。


ちなみに、その隣にも似た色が。
f0000211_20401090.jpg
調理用ボウルは数年前からここが定位置だけれど、その上に不安定にのっているボウル(上のプレートと同じシリーズの30年物)は、長年テーブルの隅でほこりを被っていたのをお正月くらいに洗ってここで乾かして、そのまんま。
長年出しっ放しにしていたので、しまう場所が決まってない。
もう一度洗ってそろそろどこかにしまおう…。


5月に入ったばかりなのに、外は真夏日。
シーツを干しに庭に出ると(うん、洗った!)、先々週「なぜこんなところに葱坊主が? いや、アリウム…? いつか植えたっけ…?」と眺めていたのが、
f0000211_20401599.jpg
f0000211_16203868.jpg
咲いていた!


庭のあれこれがしおれかけていたので、この日、今年になって初めて庭の植物に水を撒いた。
庭に水を撒くという行為をすっかり忘れていた感覚が不思議だった。



  
にほんブログ村 雑貨ブログへ

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


上の調理用ボウルは、Firekingの2000年復刻版に目盛り等のプリントが入った倉敷意匠とのコラボ商品。
15年前に新品在庫を処分価格で買ったものだけれど、今検索してみたら、プリントなしのユーズドの復刻版ミキシングボウルが当時の新品の倍の価格になっている!
ヤフオクの落札相場を見ると復刻版も昔のものも3000円台から落札されているようなので、探している人はネットオークションでじっくり待った方がいいかも。




ボウルの中で一番よく使っているのは、持ち手と注ぎ口のついた大きなバターボウル(BUTTER ではなく BATTER)。
何かを混ぜるのにはもちろん、持ち手があってさっと手に取りやすいので、野菜をざぶざぶ洗ったり乾物を戻したりするのに毎日重宝している。
2000年記念復刻版は従来のコレクタブル品より深さがあるそうで、容量たっぷりで便利。
これは復刻版ではなく昔のものらしいけれど、乳白色、きれい!(目に毒!!)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】ファイヤーキング 【FIRE KING】ホワイトバターボウル
価格:6048円(税込、送料無料) (2017/5/12時点)


25年間手持ちのCDスタンドを食器の水切りに使ってきたけれど、水切りトレイに変えて正解だった!
(いや、CDスタンドより使いやすいのはあたりまえ)




[PR]
# by karino-tohko | 2017-05-13 20:50 | モノ 家 雑貨 蒐集
2017年 04月 22日
外はいい天気
風邪っぽかったのでミルクたっぷりココア色のストール巻いてきた。
f0000211_17153726.jpg
さらさらざっくりの木綿のストール。

そろそろ冬物しまわないと。



書きかけの長文がたまっているけれど、まずはちょっとずつ更新する練習から。

  
にほんブログ村 その他生活ブログへ



[PR]
# by karino-tohko | 2017-04-22 17:27 | 日記
2017年 04月 21日
筆箱(新アプリからの投稿テスト)
Rが十年ぶりに筆箱を新調した。
f0000211_19041448.jpg
(奥は色褪せ破れた筆箱)


ホワイトデーにこのゼリーをくれたんだけど、筆箱のおまけだったらしい。



   
にほんブログ村 その他生活ブログへ




[PR]
# by karino-tohko | 2017-04-21 19:00
2017年 04月 06日
f0000211_20492303.jpg
開花した。曇り空。



   
にほんブログ村 その他生活ブログへ

[PR]
# by karino-tohko | 2017-04-06 20:59 | 日記
2017年 04月 05日
Rの誕生日も覚え書き(もう4月だけど)
蜂蜜が好きなRに、バニラの蜂蜜と守護天使の蜂蜜と、ウィステリア色とカナリア色のリネンのハンカチをプレゼントした。
f0000211_21101008.jpg

f0000211_21113080.jpg
ウィステリア色には白糸で、カナリア色には生成糸で刺繍入り。


幸い日曜日が誕生日だったけれど、ケーキを買いに出るの、遅過ぎた。
一番美味しいケーキやさんのウインドウは見事にからっぽで、もう一軒の店も、あまり選ぶ余地なし。
f0000211_21224845.jpg

夜は外食。
歩いていて見つけた初めての店で、おめでとう。
f0000211_21103596.jpg
3種類のグラスワインを同時に頼むR。

f0000211_21103581.jpg
スモークチキンのシーザーサラダ、山盛り。

f0000211_21103473.jpg
地鶏のたたき、美味しい。

f0000211_21103262.jpg
でもアヒージョはコレジャナイ感。
ただのオイル煮っぽい。


ケーキを4つ買ってあったのを忘れて食事でおなかいっぱいにしてしまったので、ひとつだけ半分こ。
あとは明日の朝ごはん。
f0000211_21103243.jpg

f0000211_21103275.jpg
甘い朝ごはんを楽しみに眠るRの誕生日。




私の誕生日にiPhoneのブラウザでGoogleを開いたら「Googleから誕生日のお祝いです!」って出てびっくりした。
ブラウザやGoogleには何も紐付けしてないと思うんだけど、なぜ??(こわい)

  
にほんブログ村 その他生活ブログへ

[PR]
# by karino-tohko | 2017-04-05 21:30
2017年 03月 25日
高濃度乳房だった

翌朝は健康診断。(ええ、10日前に書いた半月前分の続き…)
健康管理センターの受付で「昨晩の9時以降、何も食べられてませんか?」と聞かれて正直に夕食の食べ終わりが10時半頃になってしまった旨を伝えたら、「では胃の検査は一番最後にまわしましょう。最後なら食後12時間は経つからたぶん大丈夫でしょう」と、検査の順番を変えてもらえた。

「ちなみに何を食べられましたか?」
ムール貝のアヒージョや生蛸のガーリックマリネといったメニュー名が浮かんだけど、求められてる答えはそういうものじゃないだろうし、おそらく消化具合を確認したいんだろうけれど、そして生蛸は消化悪そうだけれど、でもわざわざ生蛸なんて言うのもなんだし、もっと無難な料理は…等々考えながら
「えっと…クリームパスタとか…(ああ、ちっとも消化悪そうじゃないや…)」
「それだけですか?」
「いえ、えっと…(やはり消化悪そうな生っぽいものを挙げておいた方がいいかな。レア肉のカルパッチョがあったっけ…)牛の生の…カルパッチョとか…あ、誕生日だったので…」
と言い訳。
f0000211_21045284.jpg
(気になってた「生」の部分は省略された)


「では、あちらの更衣室で検査着に着替えて、向こうのソファでお待ちください」
おお、今回はロッカーを使えるのか。
以前、ここでの何度目かの健診時に先に検査着に着替えて荷物を全部ロッカーに預けたことがあって、「冬場は着込んでいて移動のたびに着替えるのが大変だから先に検査着に着替えるのかな」と、前回だったか厚いコートを着てストールを巻いたまま来たら、その回は来た格好のままコートと大荷物を抱えて各検査室をまわって大変だった。
で、今回もロッカーを借りられなかったら移動が面倒だと思い、コートもストールも車に残して来てしまった。
薄いシャツと検査着だけでは寒い。
ストールを取りに行きたいけれど、車は遠い。
f0000211_21045834.jpg
ロッカーを使える時と使えない時の差が季節でないとしたら何だろうと考えて、胃の検査をバリウムで受けるか胃カメラで受けるかの違いかも知れないと気が付いた。
普段は胃カメラを受けるようにしているけれど、今年は申し込みが年度末ぎりぎりで胃カメラの予約の空きがなくなってしまい、バリウムになったんだった。

これまでにここでバリウム検査を受けたのは確か一度だけ。ロッカーを借りられた回数と一致する。
今度から冬場の健診には、コートは車に残してストールだけ持ってこよう。



今回の健康診断で新たに知ったのは、自分の胸の乳腺濃度。
この健診のちょうど二日前くらいに「乳腺密度が高い胸はマンモグラフィでは乳がんを発見しづらい」というニュースが写真入りで流れてきて、でも、その写真に写っていた胸は私の胸のマンモ画像とは全然違っていたので、私には関係ない話だと思っていたんだった。
けれど、この日のマンモで「乳腺密度が高いので、痛みがあるならエコーも受けた方が安心です」と勧められて(左胸が時々シクシク痛むのが気になると問診票に書いておいた)、初めて自分の胸の乳腺濃度は濃いのだと知った。

『画像診断で、自分の“乳腺濃度”をぜひ知りましょう / 乳がんに際して知っておきたい役立ち情報|E-BeC』「マンモグラフィでは乳がんが見つかりにくいタイプの人がいます」
f0000211_21051580.png
最初にニュースで見て「私のとは全然違うから関係ない」と思ったのは一番右端の画像で、私の胸のマンモ画像は、右から二番目とほぼ同じ状態。
この二番目の状態も「マンモグラフィでは乳がんが見つかりにくいタイプ」に入るとのこと。
確かに、右端のほどではないにしても、白い部分が多い。

で、その場でエコー検査を追加。
軽い痛みがあったので丁寧に診てもらったところ、幸い、問題はなかった。

ちなみに「乳腺濃度」が高い乳房のことを、英語で「デンスブレスト(dense breast)」といいます。
アメリカでは、進行性乳がんをマンモグラフィで発見できなかった1人の女性の活動がもとになり、「乳腺濃度」に関する情報を本人に提供するよう医療機関に義務づける法律の制定が各州で進みつつあるほど、「乳腺濃度」を知ることの重要性が認識されています。

(上記リンク先より)

なら私は今度からはエコー検査だけでいいのでは? と思ったけれど、エコーでは石灰化した細胞は見つけられないとのことで、次回からも両方受ける方がいいとのことだった。



ひと通り検査を終えたあと、病院内の食堂で昼食をとってから、抹茶ラテを飲みつつ会社へ。
f0000211_21050333.jpg


後日届いた健診結果は、前回「脂質」が引っかかって赤字で「要治療」となっていた総合判定が「要経過観察」に落ち着いていて、ひと安心。
血糖と悪玉LDLコレステロールが高値なので、食生活と運動不足に注意とのこと。
あとは、前回(一昨年)A判定だった腎機能と胸部X線が「日常生活に差支えのないわずかな異常あり」のB判定になっていただけで、心配していたような大きな問題はなかった。

腎臓は、元旦から時々出ている血尿の名残か。(先月再検査を受けたけれど何も見つからなくて様子見)
胸部X線は、去年だったか、何かでレントゲンを撮った際に初めて「片側の肺の上端に、昔に肺炎を起こした痕跡がありますね」「えっ!? 親には聞いてないしこれまでのレントゲンで言われたことありませんでした」と驚いたんだけど、もしかしたら昔じゃなくて、この1、2年間に気付かないうちに肺炎起こしてた…?
しかも、その時は「片方」と言われたのに今回の所見は「両肺尖炎症後像」と書かれているし、前回のレントゲン後にもう一度やってる…?
最近誤飲が多くて自分の唾でも窒息しそうになったりしてるので、要注意。(うん、高齢化)



   
にほんブログ村 その他生活ブログへ

[PR]
# by karino-tohko | 2017-03-25 21:17 | 日記
2017年 03月 14日
親の後見人の親族同意書への署名捺印で始まる誕生日の朝
父にはもう家族のこともわからないし、食べてぼんやりして眠る以外何をすることもできないし、長く会ってさえいないけれど、ただ生きているというだけで何か自分の存在の支えになっている不思議。


先々週の水曜日は、自分の親の後見人の親族同意書への署名捺印で始まり、Rの親の生命保険の「本人に代わって全保険契約について本人同等に問い合わせできる」という「ご家族登録制度」への署名で締めた誕生日だった。
親の人生が終わりに近付いていることを再認識した誕生日。



それ以外には特に何もなく、いつも通りに終わる一日だったけれど、夜遅く、Rとふたりで外食しようと商店街に出て期待せずに入った店が大当たりで感激した。
f0000211_21490141.jpg

こんなところに店が、と表の看板を見てビルの階段を上り、客がひとりもいない店内におそるおそる(Rはずんずん)入って。
パスタやアヒージョでも頼めばいいかと思っていたら、最初に勧められて注文したアンティパスト盛り合わせでやられた。
ほんのひとくちずつの小さなアンティパストが、どれも美味。
f0000211_21490441.jpg
カトラリーが銀製なので驚いたら、元は本格的なコース料理を出していた店だったのが、今の時流ではそれでは客が入らないので、カジュアルなバル風に変えたとのこと。
道理で味も本格的。
ジビエや一流店でしか食べられないような料理も手頃に出ていたので、思わず手を出してみた。

アヒージョは数種類あった中からムール貝を選択。
f0000211_21491001.jpg
ビジュアルに迫力あり。


そしてまたもや「大学の先生ですか? えっ、違うんですか?」と言われるR。
さらに、ユニクロのフィールドジャケットを着て行ったのに、「お客様のようにセレブな方は…」と言われるR。
色白で食前にスパークリングシャンパンなんか頼んで西洋人のような指遣いしながら話しているとセレブに見えるのか。
しかし、先生っぽさとセレブっぽさはあまり相容れない気もするけれど。



何も考えずよりによって誕生日の翌日に健康診断を予約してしまい、「夕食は9時までに」と説明を受けていたのに、食べ終えたら1時間半オーバーしてしまっていた。
数年前は5分オーバーしそうになっただけで焦ってたのに、私もずいぶん成長した。
(会社を出るのが夜9時をまわるので、例年は健康診断前夜の食事は事務所でコンビニ弁当を食べて済ませたりしてた)




今ちょうどこれを書いている最中に、母から電話。
うまく行けば後見人の手続きが明日で終わりそうとのことで、手を付けてから丸々三ヶ月がかり、最初に取った診断書の有効期日ぎりぎりらしい。
お疲れ様。
お母さんも自由に動けなくなっているのに、まかせっぱなしでごめん。


    
にほんブログ村 その他生活ブログへ

[PR]
# by karino-tohko | 2017-03-14 22:10
2017年 02月 03日
75歳
今日が誕生日の母親にお祝いの電話をしたら、「早いなあ。もう75歳やよ。75歳っていったらほんとにお年寄りやなあ。早いなあ。もう老人なんやなあ…」と、母。
お母さん、70歳になった時も同じこと言ってたよ。
毎年、いや、いつもそう思っているのかも知れない。
私が、今の自分の歳が実感できないでいるように。


振り落とされそうな速さで過ぎてく私の時間も、これからまだまだ加速していくのだろう。

母の残りの人生が、満たされて穏やかなものでありますように。


f0000211_20180032.jpg
(このあいだ銀行帰りに通った公園)


母が70歳になったときの日記→「私も母の年齢になる」



  
にほんブログ村 その他生活ブログへ


[PR]
# by karino-tohko | 2017-02-03 20:25
2017年 01月 31日
明けましておめでとうございます(遅
と言うか、ただいま。
生きてます。
一か月以上更新しなかったのなんて初めて。
年末から年明けにかけて思いもよらないことが次々に起きてました。(終わってみればどれもたいしたことじゃなかったけれど)
また追々書きます。



f0000211_00043468.jpgf0000211_00145904.jpg右は、年末30日の朝、出勤前に母親から届いた米や野菜や餅。
丸餅の所々に小さな緑カビが生えていた。
以前は「餅のカビは発ガン性があるから」と、母もかなり気にしていたのに、目が見えづらくなったのか、細かいことにこだわらなくなったのか…。
母の老いを感じて辛い年末。



大晦日も出勤。
年内に投函しようと、「飲む点滴」の麹甘酒(ノンアルコール)を飲みながら年賀状書き。
早く書き上げて会社に行かないと。
f0000211_00191048.jpg

書き終えた頃には、隣家のテラス窓に反射して射し込む光がすでに夕方っぽくなっていた。
焦る。
f0000211_00191552.jpg

午後4時。
テーブル周りだけ簡単に片付けて、数の子の塩抜きをセットしてミニお鏡とミニ玉を飾ってから、この日動いた商品の伝票だけ処理しに会社へ。
数の子の薄皮剥きは、夜帰ってから。
f0000211_00214018.jpgf0000211_00214492.jpgf0000211_00214831.jpg

仕事のあとRの母親の家でRの弟や甥っ子らと食事して帰り、日付の変わる少し前に家を出て、除夜の鐘撞きと初詣へ。
f0000211_00255661.jpgf0000211_00260179.jpg

途中でiPhoneのバッテリーが切れそうだったのが、残量ギリギリ1%で帰宅できた。
そのうえ、年が新しくなって最初に現れたのは、亀!
幸先いい!
無事穏やかに過ごせる年になりますように。
f0000211_00342308.jpgf0000211_00342068.jpg
…と願ったのに、このあと災難続きだったよ…。


  
にほんブログ村 その他生活ブログへ

[PR]
# by karino-tohko | 2017-01-31 23:59 | Comments(4)
2016年 12月 27日
炭水化物を制す者は人生を制す
f0000211_21191895.jpg

このところずっと、休みの日に朝から起きても動き出せず、何から手を付ければいいか頭も回らず、ぼーっとしてほとんど何もできないまま終わる日ばかり。
そんな繰り返しのまま一年が終わろうとして、このまま何も片付けられないまま年老いていくのかと不安に思っていたけれど、一昨日の日曜日は珍しく、朝からハイピッチで動くことができた。
シーツを洗って干して、不要な衣類を整理して、台所の床を片付けて、積み上がった紙類を整理して、届いたまま部屋の中で行方不明になっていたカードを探して、炊飯器が壊れてきたので新しいものを注文して、二週間放置してしおれかけていたカモミールの苗を植えて、立ち枯れていたひまわりを片付けて、その他、気になっていたこまごましたことを処理して。

「いったいどうしたんだろう。やりたかったことがどんどんできてる」
…と思ったら、遅い昼食を食べた途端に、頭と体が鉛状態に。
「さっきまでの状態と今のこのどんよりの落差は何…」と停止しかけた頭をめぐらせて、気が付いた。
そうだ、炭水化物だ。
炭水化物だめなの、忘れてた…。
ここ最近動き出せないと思ったら、いつも朝に白パン食べてたんだ…。

この日の朝はパンがなかったから、オールブランを食べたんだった。
そうしてせっかく動いていた頭と体を鉛化させた遅い昼食は、好物のシンガポールのラクサ麺。
ずっしり大量にある麺を八分目ほど食べたあたりで異変に気が付いた。
「びゅんびゅん回ってた体と頭がどっしり重くなって止まってく…」
強烈なだるさと眠気と、わずかに残ったやる気を奪うどんよりした滅入り感。
今度から休日は、朝も昼もオールブランにしよう…。
(眠気で目が裏返りそうになって歩いていてもヘナヘナと倒れ込みそうだったけれど、眠らずコーヒーで乗り切った)


f0000211_2119546.jpg一番上の写真は、立ち枯れていたひまわりを片付けたあと。
この狭い一角に、枯れたひまわりがびっしりごっそり植わってた。
右は、ひまわりと一緒に抜けた再生じゃが芋。
茹でてサラダにしよう。




前夜のクリスマスイブはR不在で、私の夕食は事務所で大量の伝票に追われながらカップ麺で済ませたので、この夜はクリスマスご飯。
f0000211_21223845.jpg

f0000211_14205639.jpg
買ってきた博多地鶏が大き過ぎてフライパンにふたつ入らなかったので、別々に焼いた。




f0000211_21235180.jpg

その数時間後、お風呂でお湯に浸かっていて気が付いた。
「…寝落ちてない!」
なんとか耐えようと抗っても、このところ毎晩のように湯船で寝落ちていたのに。

そうだ、今晩は鶏が大き過ぎたからご飯は炊かなかったんだ。
お風呂での寝落ちも、迷走神経反射でなく炭水化物不耐症だった…?



当たりだ。
過去のブログをを確認したら、夕食後にリビングやお風呂で寝落ちるようになったのは、2009年春。
夕食に米飯を食べるようになったのも、2009年。
自分に炭水化物不耐症があるらしいと思ってたのに、夕食とお風呂での寝落ちの関係に7年間気付かなかったのが不思議。

そして、休日の朝にパンを食べなければ一日有効に使えることは、2012年に気付いてた(のにすっかり忘れてた)。→ 「眠気を制した者は休日を制す」

いや、「炭水化物」で過去ログを検索したら、米飯を食べると夕食後に寝落ちることや、休日に動き出せなくなることを、2008年頃から度々書いていた(けどすっかり忘れてた)。
がんばれ、私のあたま。



朝のオールブランと夕食の白米減量で、生活が正常化できて命の危険も減るかも。
(お風呂での寝落ちは命にかかわる→「お風呂で寝てはいけない」
片付けられないまま老いていくかと思っていたこの先に希望が見えてきた。


 
にほんブログ村 その他生活ブログへ







[PR]
# by karino-tohko | 2016-12-27 21:25 | 日記
2016年 12月 24日
最後の電球交換
f0000211_232757100.jpg

脚立の上で爪先立ちしてやっと指先が螺子に届く、玄関の灯りの電球交換。
重みのあるガラスのセードを片手で下から押し上げつつ、もう片手の指先で、下からは見えない上部の螺子を手探りで探して回して締め、爪先立ちのまま脚立の上で回転して次の螺子を手探りで探し、さらに次の螺子を探す。
途中で腕がだるくなっても、全部の螺子を締め終えるまではセードを押し上げている手を離すことはできなくて、もし離してしまったら、片側の螺子に引っかかっているだけの状態のセードは、それ自身の重みで落ちて割れてしまうかも知れない。

ここの電球交換は確か三度目で、前回交換したのは、ちょうど十年前。
次はもう自分では替えられないかも知れないと思っていたけれど、なんとかぎりぎりできた。
今回の交換までにLED球が開発されていたのは幸い。
これが最後の交換になったかも。




でんきゅう型のお酒、「天久」の青瓶と、向こう側に無色透明瓶。
       ↓
  
にほんブログ村 その他生活ブログへ

しばらく残してあったこれらの空き瓶は、数年前に写真に撮って思い切って捨ててしまったけれど、以前から気になっていた天気管(ストームグラス)が好きな空き瓶で自作できるものだと知って、この瓶を捨ててしまったことをちょっと後悔。







[PR]
# by karino-tohko | 2016-12-24 23:34 | 日記
2016年 12月 15日
いつかは
昨晩、ニシキヘビがワラビーを丸飲みしたというニュースを目にしたあと、私がTwitterに流れてきた猫の写真を見ながら
「猫、欲しいなあ。週休二日になったら猫飼えるかなあ…」
とつぶやいたら、Rがゆっくりと静かな口調で、
「Rさんがヘビに飲まれていなくなったら、猫、飼ってな。猫にRさんって名前つけて、餌やってな」
と。
そうだ、いつかは、どちかが先にいなくなる日が来るんだ、


「日本人の平均寿命は戦後間もない1947年で女性が53.96歳、男性が50.06歳だった」
(朝日新聞デジタル 「男性80.79歳、女性87.05歳 平均寿命過去最高」より)
当時だったら、今の私の年齢で、もう寿命。
平均寿命を過ぎたRはすでにいなくなって、私はとっくにひとりになっていたかも知れない。





夏頃、あの“Woodstock”のカバーを飾ったカップルの50年後の姿がtwitterで流れてきて泣きそうになった。
f0000211_20044485.jpg
f0000211_20044954.jpg
The Woodstock Generation Comes of Age - Jeffrey M. Levine MD | Geriatric Specialist | Wound Care より)


浮き足立つ4月に、大学の学食の上のピロティで、見るからに風変わりなRと出会ってから34年。
ふたりで暮らし始めてから26年。
一緒にいられるであろう年月は、おそらく、折り返しをとうに過ぎている。

引っ越しの際に持ってきた荷物もまだ全部は解いていないのに、もう、後片付けをする時間。
ほんとうに、夢のように短い。



  
にほんブログ村 その他生活ブログへ

[PR]
# by karino-tohko | 2016-12-15 20:16 | R
2016年 12月 07日
捌いてみた

f0000211_14551971.jpg
届いた。(買ったわけではない)
掘り出したときのルックスがやたら多足類っぽい。

f0000211_14555054.jpg
「活」とは書いてあったけれど予想以上に生きてるのが届いて戸惑ってる。動き激しい…。

f0000211_14571947.jpg
「中にもう一匹いる…? もしや、死んでる…?」とのけようとしたおが屑の中からいきなりグワッと立ち上がってきたもう一匹。
びびって床にぶちまけたおが屑を掃除しながら捌く覚悟をつける。

添付のしおりに「このまま捌いて身を刺身に、頭部はお味噌汁や鍋の出汁に」と捌き方が書いてあるけれど、さすがに生きたまま捌いて食べるのは勇気が要る。
なんかずっとプクプク音出してるし、声っぽいものを出されると…。
いっそ飼いたい…。



f0000211_14591190.jpg
もうこのまま丸ごと塩茹でに、とも思ったけれど、「刺身で食べられる機会なんて二度とないだろうし」「でもそのために残酷なことを…」「けど塩茹でならお正月に近所のスーパーでもありそうだし…」と迷いつつ、一生に一度の機会かも知れないし、と、捌くことにした。


Rの帰りを待つうちに環境に慣れたのかじっと動かなくなったところを、Rに後ろから背中を支えてもらいながら、開始。
とにかく、最初のひと刺しが怖ろしい。
「ギャー!」「違う、違う! 人間じゃないから!」「ごめんねー!」「ほんと、ごめん!!」と叫びつつ妄想振り払いつつ、刃を入れた。
いろんなこと想像していろんな光景が頭に浮かんでギャッ!となるたびに手を離して妄想振り払って「ごめん」連発して、ニ尾捌くのに45分。
普段ならそのまま口に運びそうな包丁に残った小さなかけらも、「さっきまで生きてたひとの肉片」に思えて、そっと皿へ。

残った殻や頭は味噌汁に。
f0000211_15025371.jpg
f0000211_15033824.jpg
味噌汁を作っている間に気持ちも落ち着いてきて、お皿の上の「肉片」も「料理」になった。

f0000211_15042324.jpg
御馳走様でした。
合掌。


  
にほんブログ村 その他生活ブログへ

[PR]
# by karino-tohko | 2016-12-07 15:14 | 日記